2017年6月27日

第1回高砂コンサルタ(高砂市相談員の会)のご報告

6月14日(水)高砂市役所南庁舎にて第1回高砂コンサルタ(高砂市相談員の会)が開催されました。

当会は高砂市で相談支援業務に携わる相談支援専門員の支援の質向上を目的とした会です。

はじめに当会の名称の検討を行い、「高砂コンサルタ」という名称に決定しました。

※コンサルタとはスペイン語で相談という意味だそうです

相談員がケース検討をする様子

相談員がケース検討をする様子

次にケース検討を行い相談業務の中で出てきたケースの情報共有を行い(業務上守秘義務は遵守の上で)、支援の方法や考え方についてそれぞれの意見交換を行いました。

当会としては初めてのケース検討でしたが、「他の相談員の事が知れてよかった」「自分の相談支援業務に活かしていきたい」といった感想が出ています。

最後に福祉サービス勉強会(法律の勉強)を行い、日頃の疑問に感じていることを一問一答形式で市担当者から回答をもらっています。

 

Q相談員(相談支援専門員)とは

障害のある人が自立した日常生活、社会生活を営むことができるよう、障害福祉サービスなどの利用計画の作成や地域生活への移行・定着に向けた支援、住宅入居等支援事業や成年後見制度利用支援事業に関する支援など、障害のある人の全般的な相談支援を行います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です