協議会概要・運営方針

高砂市障がい者自立支援協議会

部会の様子:5人で作業をしている様子

高砂市では、『(現)障害者総合支援法』に基づき、関係団体、関係事業所、関係機関により、地域の障がい福祉に関するシステムづくりを推進するため、平成 19年10月「高砂市障害者自立支援ネットワーク会議」を設置しました。平成26年4月より「高砂市障がい者自立支援協議会」と名称変更しました。

 

 

 

高砂市障がい者自立支援協議会の体制

高砂市障がい者計画 基本理念
「だれもが、自分らしく、暮らせる まち」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

障害者総合支援法第89条の3(平成25年4月1日施行) 関係機関等が相互の連絡を図ることにより、地域における障がい者等への支援体制に関する課題について情報を共有し、関係機関の連携の緊密化を図るとともに、地域の実情に応じた体制の整備について協議を行う。
6つの機能
情報機能 困難事例や地域の現状
課題等の情報共有と情報発信
調整機能 ネットワークの構築
困難事例への対応協議、調整
開発機能 地域の社会資源の開発、改善
教育機能 構成員の資質向上・研修の場
権利擁護機能 権利擁護に関する取組みを展開
評価機能 相談支援の質の向上
専門部会
◎くらし部会 移動支援、防災、障がい者虐待等の検討
◎こども部会 高砂市における障がい児の課題等の検討