くらし部門 活動報告

H27年度 防災研修会『障がいのある方の支援を考える』のご報告

Date:2015年12月28日

 

 2015年12月3日(木)に高砂市ユーアイ福祉交流センターにて平成27年度第4回高砂市障がい者自立支援協議会研修会『障がいのある方の支援を考える』が開催されました。

昨年度は災害が発生した時にどのように命を守るのかについて考えました。

今年度は命を守り、その後どのように逃げ避難し生活を取り戻していけるかについて考えようとの事から「障がいのある方の支援を考える~阪神淡路大震災・東日本大震災での災害時の取り組みと、再び大震災が起きた時の今後の課題~」と題して、特定非営利活動法人ゆめ風基金の長崎圭子さんより、貴重なお話を伺いました。

講演では、自助・共助・公助の視点から災害発生時の状況や、主に避難所でどのような課題があったのかについて学ぶことができました。

災害時に障がいのある方が避難所に行けないのはなぜか?という課題を想像しながら考え、まずは自分で何とかできるか考える(自助)、そして家族やご近所の方と助け合う事(共助)を大事にし、行政等からの支援(公助)には頼りにしすぎないようにするなどとても分かりやすく頭を整理する事ができました。

ご自身で東北などの被災地に足を運ばれていること等からリアルな状況を分かりやすくご説明して下さり、参加者からも「自分がやるべき事を丁寧に説明して下さり分かりやすかった」「今の災害対策や防災訓練の在り方について考え直すきっかけになった」等のご意見をたくさんいただいています。

また、長崎圭子さんも寄稿されている書籍の販売も行われました。

詳細については下記をご参考に下さい。

ご参加くださった皆様ありがとうございました。

【著書】

そのとき、被災障がい者は…

そのとき、被災障がい者は…~取り残された人々の3・11~

障害者市民防災提言集 東日本大災害版

障害者市民防災提言集 東日本大災害版

障害者市民防災提言集 2013年改訂版

障害者市民防災提言集 2013年改訂版

 

ゆめ風基金ホームページ http://yumekaze.in.coocan.jp/

 障がいのある方の支援を考えるアンケート結果PDF

 

 

研修会にて長崎先生が講演中の様子

研修会にて長崎先生が講演中の様子

研修会にて長崎先生が講演中の様子②

研修会にて長崎先生が講演中の様子②

講演終了後に記念撮影する松の助

講演終了後に記念撮影する松の助