こども部門 活動報告

H29年度第3回こども部会のご報告

Date:2017年10月3日

平成29年9月7日(木)に高砂市自立支援協議会、第3回こども部会が高砂市役所南庁舎にて開催されました。

今回は主に家庭における虐待事案について、学校教育機関の情報提供からケース検討を行いました。

虐待については最近新聞やテレビでも取り上げられるようになっています。

報告では、子どもの前で夫婦喧嘩をすることも心理的虐待にあたることや、子どもたちが出す小さいサインをどれだけ汲み取る事ができるか、もし汲み取ることができなければ子どもたちはサインを出すこと自体をやめてしまうとのこと。

また、心理的虐待に陥る背景には①不安②家庭の状況変化③親が頑張りすぎることのストレス④福祉サービスの不足⑤家族との関係性⑥心理支援がないといった事が挙げられ、こういった虐待を防止する上で、教育、福祉、医療の連携が重要です。

そして、身体的虐待の本人からのサインには①身体の汚れ②服の汚れ③体重減少④食へのこだわり⑤身体のあざ⑥家出などが挙げられ、サインに対し各機関との連携や本人と本音で話ができる関係づくりの重要性等についてもご報告いただきました。

最後に意見交換を行い、虐待を防止するためには切れ目のない支援をどのように構築するべきかという事を考える事ができました。

次回は研修会を開催する予定です。

詳細はコチラからご覧ください。

 

IMGP1816