こども部門 活動報告

第3回こども部会のご報告

Date:2018年10月1日

平成30年 9月11日(火)第3回こども部会が高砂市役所南庁舎にて開催されました。

<機関連携について情報共有>

1)機関との連携

  • 東はりま特別支援学校より情報提供

通学区域の幼保こども園小中高校等へ巡回相談を行っている。ケース会議等開く際には学校園福祉関係者が互いにこどもの状況を共通理解して支援や指導に当たることができるよう支援していきたい。

  • すまいる・きっずより情報提供

近隣自治会や近所の方とも仲良くしている、地域の祭りに参加したりしている。

防災協定やこどもの安全協定には至っていないが、こどものためには必要だと考えている。地域でやっている遊び場や行事には出来る限り参加している。

  • あかりの家、地域支援センターあいあむより情報提供

1歳半健診・3歳児健診の段階で問題が分かっているのであれば、早期に情報共有を計ってもらいたい。小学校に入りあとになってから事態が表面化している。プロフィールファイル高砂といった連携ツールを役立てるなど各機関がつながる必要がある。

 [部会長]情報の共有システムが未熟ではという大きな問いかけをもらった。顕在化してないものはもっと多いだろう。この課題は次回以降にもっと検討できる内容として扱いたい。

  • 高砂児童学園より情報提供

保育所等訪問については職員配置が難しく、学校への敷居も高いと言える。保育所等訪問という名称で学校へ入っていることが分かりづらく、学校では理解されていないことが多い。今後この課題からもう1歩踏み込めたらと思う。

<次回の予定>

  • ひょうご発達障害者支援センタークローバー
  • 兵庫県教育委員会 播磨東教育事務所

上記の二機関より情報提供をもらう。

 

高砂市役所南庁舎