2015年6月22日

第34回 兵庫県自閉症協会講演会 『自閉症児者の支援と教育へのチャレンジ』に松の助が出席しました

第34回兵庫県自閉症協会講演会が加古川市総合福祉会館大ホールにて行われ松の助も参加しました。

講師に河島淳子氏をお招きし、『自閉症児者の支援と教育へのチャレンジ』についてご講演いただきました。

先生ご自身も自閉症の息子さんがおられることから、40年ほど前には小児科医として勤務されていましたが、家庭療育へ専念され、その後トモニ療育センターを開設されたとのことです。

檀上で河島先生が講演されている様子

檀上で河島先生が講演されている様子

講演の前半では自閉症についての見方や考え方や育て方についてお話いただきました。

講演会の後半ではビデオを観ながら、トモニ療育センターで実践されている100並べや時計等について説明いただきました。

基礎概念の学習教材マッチング教材

基礎概念の学習教材マッチング教材(クリックで拡大表示)

マッチング教材はシンプルで分かりやすく、概念学習ができるとのことで、とても分かりやすかったです。

松の助も真剣な眼差しで講演に聞き入っている様子でした。

 

松の助は自閉症の方への支援の仕方や教育の方法として「こういう取り組みが大切なんだ」と感心し、多くの人にトモニの療育の理念に感銘したのでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です