2017年11月9日

発達障害発達凸凹こんな力を持っています

発達障害サポーター講座

発達障害 発達凸凹 でこぼこ
こんな力を持っています

 発達障害のある人や発達凸凹のある人も地域で生活しています。会社やお店で働いてる人もたくさんいます。そして、当然、家庭で生活している人もいます。発達障害のない人とともに学び、働き、生活する。
そこには自分のできること、できないことを理解して、個々の障害に応じて多くの支援を受けながら地域で暮らしています。
 そういう人たちと一緒に生活するみなさまに、発達障害や発達凸凹のことを知ってもらい、正しく理解してもらうことで、障害のある人もない人も安心して生活できることを目指す講座です。

日時 12月11日(月)受付12:30~/講演13:00~16:30終了予定
場所 兵庫県中央労働センター大ホール 定員200人
発達障がいのある方の『働く』について考える
 

 向 後  礼 子 氏 近畿大学 准教授
 発達障害のある人の就労の現状と支援のあり方について 

わかってほしい 発達障害
 

 和 田  康 宏  ひょうご発達障害者支援センター センター長

日時 1月28日(日)受付12:30~/講演13:00~16:30終了予定
場所 兵庫県立のじぎく会館大ホール 定員200人
発達凸凹のある人の活躍できる職場づくり
 

 藤 原  崇 氏  三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社 チーフコンサルタント
  企業のあるべき人事・雇用の考察-障害者や高齢者の雇用をどう考えればいいか 

発達凸凹 働くうえでの適応術
 

 広 野  ゆ い 氏 NPO法人 発達障害をもつ大人の会(DDAC) 代表
  当事者だからこそ話せる障害の気づき、生きづらさからの脱却の心構え

わかってほしい 発達障害
 

 和 田  康 宏  ひょうご発達障害者支援センター センター長

参加費 無料(要申込・先着順)
2日ともでも、どちらか1日だけでも参加できます
発達障がいサポーターとは
 発達障害のある人が安心して日常生活を送るためには、多くの支援や配慮が必要になります。兵庫県では、発達障害についての正しい知識や理解を持ってもらい、「発達障害サポーター」として発達障害のある人を見守っていただくことで、発達障害のある人も、ない人も安心して生活できる地域づくりを目指しています。
共催 兵庫県障害福祉課
後援 兵庫労働局
主催(お申込・お問合先 ひょうご発達障害者支援センター
〒671-0122 高砂市北浜町北脇519
ホームページからお申込み下さい URL:http://auc-clover.a.la9.jp/ お問合せ電話番号 TEL 079-254-3601

詳細については、下記のチラシをご覧ください

PDFチラシ:ダウンロード【サポーター講座.pdf】

サポーター講座


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です