2017年3月9日

研修会「誰もが普通に暮らせる共生社会の実現」のご案内

兵庫県肢体不自由児者父母の会連絡協議会主催

 高砂市肢体不自由児者親の会

テーマ「誰もが普通に暮らせる共生社会の実現」

 

講師:清水 明彦氏 (西宮市社会福祉協議会 常務理事)

♦プロフィール

1974年より、西宮市において市内重度障害者の家庭訪問活動に参加。西宮の重症心身障害児者の集まり「未就学在宅者のつどい」の発足に関わる。1978年より、障害が重く社会参加の場を見いだせない学校教育修了者の社会教育の場「生活教室」の職員に。1981年、これらが統合される中で、西宮市独自の重度障害者の地域活動拠点「青葉園」が西宮市社会福祉協議会の運営により成立。成立と同時に西宮市社会福祉協議会の職員等して同園スタッフに。1991年より2001年まで同園園長。その後「青葉園」と障害者生活相談・支援センター」の運営を担当する障害者生活支援グループ長に。2015年より常任理事。

どんなに重い障害があっても地域の中で安全に安心して「自分らしく」暮らすためには何が必要でどうしたらいいのか、講師の方の話しを聞き参加者の皆様と情報交換を行い有意義な研修会にしないと思っています。皆様のご参加お待ちしております。

【場所】ユーアイ帆っとセンター(高砂市ユーアイ福祉交流センター)

2F交流スペース6、7

TEL:079-441-894

【日時】平成29年3月11日(土)13:00~15:30

13:00~14:30 講演

14:30~    社会福祉法人あかりの家

 地域支援センターあいあむの濱口直哉氏にも参加いただきパネルディスカッション

【参加費】無料

※お問合せ

高砂市肢体不自由児者親の会 松山 艶子

TEL:079-447-6221 080-3037-3920


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です