2015年12月11日

[お知らせ]災害時要援護者・支援者のための防災・減災講座

災害時要援護者・支援者のための防災・減災講座(災害時に要援護者を支援するボランティアのリーダーとなる人材を育成、平時の防災活動や支援体制づくり、減災活動推進等を目的として、過去の災害時支援活動を事例とした講義とワークショップによる防災・減災講座を開催します。

12月11日(金)が締切となっておりますので、ご注意ください。

講座1

災害時要援護者支援ボランティアリーダー養成講座

対象者:災害時要援護者支援ボランティアリーダー 及び 平時の防災・減災活動を行う意思のある方
※原則2日間の全日程に参加できる方が対象となります。
【会場】ビッグアイ(国際障害者交流センター)
【日時】
1日目 平成28年2月22日(月) 開始10:30/終了17:30
                        (受付10:00)
2日目 平成28年2月23日(火) 開始10:30/終了16:30

情報保障(要申込):手話通訳/要約筆記/点字プログラム/拡大資料

●申込締切

●申込・お問い合わせ

平成27年12月11日(金)

ビッグ・アイ「防災・減災講座」係

〒590-0115 大阪府堺市南区茶山台1-8-1

TEL 072-290-0962

Eメール bousai@big-i.jp

横浜会場

【会場】障害者スポーツ文化センター 横浜ラポールがい者

【日時】1日目 平成28年1月20日(水) 開始10:30/終了17:00

(受付10:00)

    2日目 平成28年1月21日(木) 開始10:00/終了16:00

 

大阪会場

【会場】ビッグ・アイ

【日時】1日目 平成28年1月25日(月) 開始10:30/終了17:00 (受付10:00)

    2日目 平成28年1月26日(火) 開始10:00/終了16:00

 

大阪会場
ビッグ・アイ
(国際障害者交流センター)
〒590-0115
大阪府堺市南区茶山台1-8-1
TEL 072 -290-0962
FAX 072-290-0972

横浜会場
障害者スポーツ文化センター
横浜ラポール ※講座②のみ
〒222-0035
横浜市港北区鳥山町1752
TEL 045-475-2055
FAX 045-475-2053

————————————————————————————–

(1)昼食について

昼食は参加者ご自身でご持参いただくか、近隣のレストラン等をご利用ください。

(2)ご宿泊について

参加者ご自身で手配をお願いします。ビッグ・アイにご宿泊を希望される場合は下記連絡先まで直接ご予約をお願い致します。ご予約の際には「防災・減災講座」で宿泊を希望する旨をお伝えください。部屋数に限りがございますので、宿泊希望の方はお早めのご予約をお勧めいたします。

ビッグアイ(フロント)TEL 072-290-0900

【申込方法】裏面の申込み用紙に必要事項をご記入の上、申込締切日までにFAXまたは封書、Eメールにて下記までお送り下さい。

応募者多数の場合は先着順となりますので、あらかじめご了承ください。

 

防災減災講座チラシ (クリックでPDFデータをご覧いただけます)
防災・減災講座申込チラシ(クリックでPDFデータがご覧になれます)
————————————————————————————–

講座1 災害時要援護者支援ボランティアリーダー養成講座プログラム

1日目

2月22日(月)

10:00

受付開始

10:30

講義①(120分)
要援護者の概要から支援の基礎、支援経験からのアドバイス
講師:八幡隆司氏 (ゆめ風基金)


・安否確認、要援護者の把握(要援護者名簿)

・避難所解説(指定避難所の要援護者スペースの必要性、福祉避難所)
・障がい者ボランティアセンターの必要性・設置事例
・避難所運営(要援護者相談窓口、要援護者支援巡回半の必要性)

12:30

昼食休憩

13:30

図上避難所開設・運営グループワーク(60分)
※避難所の図面を配布。グループで受付や要援護者スペース等の割付、避難所のルール等をシミュレーションします。

14:30

休憩15分

14:45

図上避難所開設・シェアリング(90分)
※各グループの結果発表。八幡先生からの講評と意見交換、質疑応答など。

16:15

休憩15分

16:30
17:30

交流会
————————————————————————————–

10:30

講義②(90分)
一人ひとりを大切にした災害対応とは?
~避難生活における要援護者支援のあり方~
講師:田村太郎氏(ダイバーシティ研究所)


主な内容
・災害時対応の実際
・避難生活における被害の拡大とその防止
・日頃からの備え、災害に強い地域づくりとは?

12:00

昼食休憩(75分)

13:15

ケーススタディグループワーク(60分)
※避難所の要援護者窓口や被災要援護者宅に訪問するなどのシチュエーションを設定し、そこで起こると想定される問題についてどのように対応するかを検討します。

2日目

2月23日(火)

14:15

休憩15分

14:30

ケーススタディグループワークシェアリング(60分)

15:30

16:30

講義③(60分)
講座の総括と減災の取り組みについて
講師:八幡隆司氏/田村太郎氏

————————————————————————————–

講座2

災害時視聴覚障がい者支援リーダー養成講座

対象者:視覚障がい者・聴覚障がい者への災害時支援リーダー及び平時の防災・減災活動を行う意思のある方

※原則2日間の全日程に参加できる方が対象となります。

1日目

横浜:1月20日(水)
大阪:1月25日(月)

10:00

受付開始

10:30

講義①(80分)
要援護者の概要から支援の基礎、支援経験からのアドバイス
講師:八幡隆司氏(ゆめ風基金)

11:50

食事休憩(60分)

12:50

講義②(80分)
視覚障がい 災害時に困ること、困ったこと
講師:原田敦史氏
(堺市立健康福祉プラザ視覚・聴覚障害者センター)

14:10

休憩(10分)

14:20

講義③(90分)
聴覚障がい者への平時の減災活動や災害時における支援を考える
講師:倉野直紀氏(全日本ろうあ連盟)

15:50

休憩(10分)

16:00
17:00

交流会
————————————————————————————–

2日目

横浜:1月21日(木)
大阪:1月26日(火)

10:00

ワークショップ 1セット目(60分)
3グループに分かれて3つのワークショップを順番に行います。
「避難所について考えよう」
講師:八幡隆司氏(ゆめ風基金)

「視覚障がい者のための避難所を考えてみよう」
講師:原田敦史氏 (堺市立健康福祉プラザ視覚・聴覚障害者センター)

「平時、災害時、避難所での聴覚障がい者への支援を考えよう」
講師:倉野直紀氏 (全日本ろうあ連盟)

11:00

休憩・会場移動(10分)

11:10

ワークショップ 2セット目(60分)

12:10

食事休憩(80分)

13:30

ワークショップ 3セット目(60分)

14:30

休憩・会場移動(10分)

14:40
16:00

質疑応答・総括(80分)
講師:八幡隆司氏/原田敦史氏/倉野直紀氏


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です