2018年4月10日

第1回課題抽出の会のご報告

平成30年 4月5日(木)ユーアイ帆っとセンター2階会議室にて開催されました。

 

<平成30年度改正について>

・平成30年度の制度改正に伴い、相談支援に関する事項を高砂市担当者と相談員が制度学習を行いました。

<相談支援専門員による地域課題の抽出>

・グループワーキング  (課題:ご本人のこんな暮らしがしてみたいを考えよう)を行いました。

地域課題は事務局が集約し、運営会議へ提起します。  それ以外の課題は高砂コンサルタで解決に向けた検討を行います。

 

<年間スケジュールの確認>

第1回高砂コンサルタ:6月12日(火)10:00~12:00@ユーアイ帆っとセンター2階会議室

第2回高砂コンサルタ:8月21日(火)10:00~12:00@ユーアイ帆っとセンター交流スペース1

第2回地域課題抽出の会:9月 5日(水)10:00~12:00@ユーアイ帆っとセンター交流スペース1

第3回高砂コンサルタ:10月 9日(火)10:00~12:00@ユーアイ帆っとセンター2階会議室

第4回高砂コンサルタ:12月18日(火)10:00~12:00@ユーアイ帆っとセンター2階会議室

第5回高砂コンサルタ:2月12日(火)10:00~12:00@ユーアイ帆っとセンター2階会議室

 

IMG_8716


2018年3月20日

虐待を許さない社会づくりが開催されました(高砂市虐待防止研修会)

3月13日(火)高砂市ユーアイ帆っとセンターにて「虐待を許さない社会づくり」(高砂市虐待防止研修会)が開催され、福祉従事者を中心とした39名が参加しました。

講師には社会福祉法人弘徳学園 常務理事・統括施設長 重利 政志氏をお招きし、講演形式での研修会となりました。

虐待を許さない社会づくりでの重利氏

虐待を許さない社会づくりでの重利氏

講演では実際に発生した虐待案件を例に挙げながら、虐待が発生する施設は同じ構造を持っているということをお話しいただきました。

もし虐待を発見した場合はスピード感を持って対応し、情報を隠さず通報をすることが必要とのこと。

そして相模原での事件が起きた背景にも触れながら、日本社会が持つ優性思想や、日常的にある小さな人権侵害、そこから生じる大きな人権侵害といった事実を客観的に分析され、話を聞いた参加者も支援の中での疑問に対し改めて考える時間となったようでした。

また、虐待は根絶できるものではないが邪魔なものだと話され、利用者の声をよく聞いて支援すれば虐待は減っていくと教えていただきました。