2015年3月18日

(松の助事業所訪問記) 社会福祉法人あかりの家の巻

 2015年2月23日 (月)松の助が高砂市北浜町にあります社会福祉法人あかりの家に訪問しました。

あかりの家では多くの自閉症の方が生活されています。

自閉症支援の専門性を磨き、地域に開かれた施設として地域福祉の拠点の役割を果たしたいと考えておられます。

 また、どんなに障害が重くても全員が作業に取り組めるよう、自閉症の人達への応援することを大事にしておられます。 

作業では割り箸の袋入れ、製品のリサイクル分別作業、細かな部品を組み合わせるプラグ作業、さをり織り等に取り組んでいます。

 

クラブ活動ではアートクラブ、華道クラブ等を行い、整体、歯科検診等においても地域との交流の機会が増えています。

 

 また、利用者の皆さんの大きな行事として、少人数での外出「レインボーデイ」を設定し、交通機関を利用し、希望に応じた外出支援を行っています。

 

 松の助は、どんなに障がいが重い人でも、作業に取り組んでいる姿を見て、大変心打たれたのでした。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です